タトゥーを消すにはどのくらいお金がかかる?

qrekyf
タトゥーを消すにはどのくらいお金がかかる?
今ではファッションのひとつとして若い人々に人気のあるタトゥーですが、昔は「刺青」としてある一部の人たちが行なうものでしかありませんでした。
その一部の人というのは暴力団やヤクザといった人たちです。
ですから、現在若い人たちがファッションや自己主張のアイテムとしてタトゥーを入れていても、昔のイメージがあるために多くの人はあまりいい印象を受けないのだといえます。

後悔している人も多い

したがって、若い頃に勢いや成り行き、ファッションなどで入れたタトゥーであっても、就職や結婚、子どもの成長などに伴って消したい、目立たなくしたいという人がたくさんいます。
タトゥーがあるだけで就職ができなかったり、相手の親に結婚を許してもらえないという事態は決して少なくありません。
また、プ―ルや銭湯、温泉などではタトゥーを入れている人の入場を断るところもたくさんあります。
タトゥーがあるだけで、日常生活でさえ規制されてしまうのです。
タトゥーは皮膚に針で傷をつけてそこに墨汁やインクを注入することで半永久的にそこに彫った模様や色を残せるのです。
真皮内に色を入れるために簡単に消すことはできませんし、年齢を重ねても多少薄くなることはあっても消え去ってしまうことはありません。
江戸時代の話になりますが、罪を犯した人はそれが消えることがないために一生罪を犯した証しとして腕に刺青を彫られたのです。
医療の進歩した現代では、タトゥーを消すことは可能となっています。
もちろん医療機関での治療を行なうのは当然なのですが、それでもタトゥーを入れる前の状態に完全に戻すのは不可能です。
もしあなたがタトゥーを彫ってみたいと思っているなら、今後のことをじっくり考えてからにするべきです。
そして、できるならタトゥーを入れないという選択肢を優先させることをおススメします。

タトゥーを消す方法とその費用

でもどうしてもタトゥーを入れたいという人や現在タトゥーを入れている人たちの中で、将来やっぱり消したいと思ったときの除去法を紹介しておきましょう。
タトゥーを除去する方法は大きく3つあります。
まずひとつ目が「レーザー除去」です。
これは除去したいタトゥーにレーザーを照射してその高熱でタトゥーの染料を燃焼させるという方法です。
レーザーは墨汁や黒い染料には効果的ですがそれ以外の色やカラータトゥーの除去は難しいこと、また、完全に除去できるまでには数回治療を受けなければならない点がデメリットです。
けれども手術ではないので傷あとが残りにくいのはメリットとなります。
掛かる料金はクリニックによってさまざまですが、1?四方の大きさで10,000〜20,000円程度と考えればいいでしょう。
ytjyt
次に、「切除術」があります。
タトゥーの入った皮膚を切り取ってその周りの皮膚を縫い合わすので、最も確実にタトゥーを除去できるのがこの方法です。
ただ、どうしても手術痕が残ってしまいますが、数ヶ月で徐々に目立たなくなります。
怪我をして縫い合わせたあとのことを考えればいいでしょう。
これも費用はさまざまですが、レーザーよりかなり高くなって5?程度の大きさでも80,000〜100,000円くらい掛かってしまいます。
切除の困難な大きなタトゥーや至急に消さなければならない場合には、植皮術を行ないます。
これはまずタトゥーを切除して、その部分に別の健康な部位から皮膚を移植するという方法で、やけどの治療によく用いられます。
この施術には高度な技術を要するのでそれなりの費用が掛かり、10?四方のタトゥーで150,000〜500,000円程度とかなり高額となります。
[PR]:タトゥー・刺青除去なら池袋サンシャイン美容外科

新着情報

◆2016/07/21
タトゥーを消すにはどのくらいお金がかかる?の情報を更新しました。
◆2016/07/21
タトゥーを消すのにかかる費用の情報を更新しました。
◆2016/07/21
レーザー除去は本当に安いの?の情報を更新しました。
◆2016/07/12
会社概要の情報を更新しました。
◆2016/07/12
費用は施術方法でいろいろの情報を更新しました。